あなたは、 カウンター人目のTシャツマニアですよ。

どもーっ!ここはTシャツスキーな管理人がオリジナルTシャツやクラスTシャツについて解説しているサイトでっす!

サイト名


TOP
>ATTENTION1

商標登録
その1/その2

はいどうもこんにちは。書いてきましたが、ここでは自分のオリジナルTシャツのデザインを守ることを書いていこうと思います。最初に書きましたが「オリジナルTシャツを販売する企業として」作るならここは重要です。ちょっと真面目なお話なので、文章固いかもしれませんが読んでくれたらうれしーです。

デザインを守る

たぶん聞いたことあると思うんですが「商標登録」って知ってますか??大体の企業さんは自分の会社の社名ロゴだったりを商標登録しています。○にRの文字が入っているマークは見たことありますよね?ね?ちょっと変換できなかったので、かっこですが…(R)←こんな感じなもの。これが商標登録されていますよーって意味です。


商標登録とは商標を保護するために必要な手続きで、特許庁に対して行う手続のことをいいます。商標登録の対象になるのは、ロゴマークやネーミング。そして、その商標に付く商標使用者の業務上の信用です(ちょっと難しいね)
ちなみに商標法とは「取引の場における信用秩序を維持することにより、産業の発達に寄与すると共に、需要者の利益を保護することを目的としています」ということ。簡単に言うと自分の会社の看板をパクられないようにしたり、サービスを真似されたりするのを防ぐことと思ってください(←簡単すぎる)


商標には、商品の名称などをあらわす商品商標やサービスマークがあります。
企業の名称(商号)も、商品またはサービスについて使用する場合は登録をすることにより保護されます。

登録により保護される「商標」とは、「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(標章)であって、業として商品を生産したり、役務を提供したりするものが、その商品又は役務について使用するもの」です。 

…ちょっと難しいですね。いや、僕も最初意味わかんねーとか思いました。看板云々は僕に頼んだ旦那さんから拝借。
ちょっと身近な例ですが、僕の地元ではお土産で大変人気なTシャツがありますが、商標登録を行わなかったので似たような(なかには全く同じものも)ものがたくさん出回ってます。まぁ消費者の僕達から見れば別に問題ないんでしょうが、販売する側からしたらたまったもんじゃないですよねー(´ρ`lll)

だって、頑張って生み出したわが子のようなデザインが意図も簡単にパクられてるってんですから。僕だったらマジでキレるね!!

そんなことが起こらないように、万が一起こったとしても守られるようにするのが商標登録の手続きです。

手続きの際の書類見本などはダウンロードで簡単に手に入れることができます。商売としてこれからオリジナルTシャツを作る方は一度特許庁のサイトを見てみてください。専門のコーディネーターもたくさんいらっしゃいますので、ご相談することもオススメします(*゚∀゚)


ちなみに審査がありますので、事前に下調べを十分にしておいたほうがいいかもしれませぬ。そして半年〜1年くらい時間がかかるみたいなので、気長に待ちましょう♪

手数料は自分でするなら申請料だけなんですけど、代理で依頼すると依頼料が発生したりします。
いろんな方法があるので調べてみて下さいね。

オリジナルTシャツではロゴなどのデザインが命です。パクられたら、もうオリジナルTシャツではなくなってしまうと僕は思います。

ぶっちゃけ悲しいですよね…デザインをパクるとか…。オリジナルTシャツスキーとしては本当に悲しくて残念ですわ…(´・ω・`)

そしてデザインするうえで忘れちゃいけないこと→その2

注目サイト

iphone修理
http://repair-iphone.jp/

Last update:2017/2/6